我が家の猫様に下った脱走兵時代の罰

最近我が家の猫はちょっと大変な状態が続いていました。。。

 

とても食欲旺盛で、お腹がすく度に好きなフードを出してくれと催促していたのですが、
食べてしばらくすると決まってお腹がゴロゴロと鳴り始め、食べたものを吐き出してしまうのです。
しかも、吐くタイミングも3日おきだったり、1日2回だったり、明らかに様子がおかしかったのです。

 

また、決まってコタツ布団の上やカーペットの上で吐いてしまうので、毎日の掃除・洗濯は本当に大変でした!

 

で、このまま放っておいては猫様と一緒に飼い主もくたばってしまうというわけで動物病院で検査を受けたところ、
なんとお腹の中に虫がいるらしきことが判明しました><(驚き!)

 

でも寄生虫の駆除はノラの状態から保護した時に、ちゃんと受けたはずなんです。

 

なのにどうして!?って感じですが、飼い始めてからの2年間を振り返ってみると、何度か玄関ドアの隙間から脱出したり、
窓を開けた時に目ざとく飛び上がって出て行ったり、女の子にもかかわらず脱走兵を経験しているのです。

 

我が家は田舎住まいで庭が広いため、脱走しても必ず庭以外の遠くへは行けず、飼い主の目が届く範囲で遊んでいました。
それに脱走したらお風呂にも入れられるし、飼い主に怒られるのをよく分かっているため、
庭に脱出して遊んだ後はしおらしい顔をして屋内に戻ってきていましたが、どうやらその罰が当たって虫が入ってしまったようです。
(色々策を講じてからは脱走できなくなりました。)

 

そして専用薬での駆除を終え、やっと吐かなくなりました。
ただ、言葉がよく分かるらしい我が家の猫様は、遠い日の脱走の件でまたうちの父からお説教を受けるることになり、
お腹の虫はいなくなったにも拘らずとても調子の悪そうな目で、いまだ反省の日々を送っているのです。。。